内分泌代謝

カルニチンを飲むタイミングは?【運動前がダイエットに効果的です】

カルニチンはダイエットに効果的です。脂肪酸を燃焼させて代謝アップになります。体でもつくられますが、肉類などに含まれています。カルニチンの摂取と運動を組み合わせることでダイエット効果を期待できます。特に運動前に摂ると糖質よりも脂質の燃焼が高まります。

カルニチンとは

カルニチンは脂肪酸の燃焼に必要な栄養素です。脂肪酸の輸送に必要で、カルニチンがなければ脂肪酸を燃焼することができません。

脂肪酸は筋肉などの細胞のミトコンドリアに運ばれてから燃焼してエネルギーになります。ミトコンドリアは細胞の中にある小器官でエネルギーを作り出します。“燃料”である脂肪酸などを燃焼してエネルギーをつくっています。カルニチンは、脂肪酸がミトコンドリアに運ばれる手助けをする物質です。カルニチンが十分にあれば、燃焼が促進されて代謝がアップします。

カルニチンはアミノ酸からつくられます。体の中でつくられるカルニチンだけでは足りないので、食事から摂取する必要があります。体が必要とするカルニチンのうち半分以上は食事からとる必要があります。

 

不足すると内蔵機能が低下

カルニチンが不足する病気をカルニチン欠乏症といいます。カルニチン欠乏症になると、カルニチンの働きが足りないために肝臓、脳、筋肉、心臓などの機能が低下してしまいます。単なる食生活の偏りなどでおこるこはほとんどなく、先天的な病気や病気の治療で起こることがあります。

治療には、エルカルチンEE錠などカルニチンを補給する薬が使用されます。きちんと食事を摂り、激しい運動を避ける必要があります。

 

 

カルニチンでダイエットをサポート

カルニチンはダイエットを目的としたサプリメントとして注目されています。カルニチンを十分に摂れば代謝アップになるからです。

カルニチンは食事からも摂取できます。特に肉類や乳製品に含まれていて、肉の赤身(特に羊肉)にはL-カルニチンの含有量が多いと言われています。 ダイエットなど食事量を減らしてしまうことでカルニチンが不足してしまうことがあります。

 

運動前に摂取しましょう

カルニチンを運動前に摂ると脂肪燃焼の効率が上がります。運動をしたときの脂肪の燃焼がアップします。カルニチンは脂肪酸を輸送して燃焼するのをサポートするからです。

カルニチンの働きは即効的なので、運動前にカルニチンを摂ると糖質よりも脂質の燃焼が高まります。運動しない日にカルニチンをとっても代謝がアップするのでダイエットのサポートにはなります。

 

 

まとめ

カルニチンは脂肪酸の燃焼に必要な栄養素です。脂肪酸の輸送に必要で、カルニチンがなければ脂肪酸を燃焼することができません。

カルニチン欠乏症になると、カルニチンの働きが足りないために肝臓、脳、筋肉、心臓などの機能が低下してしまいます。先天的な病気や病気の治療などが原因でカルニチン欠乏症になることがあります。

カルニチンを十分に摂れば代謝アップになるので、ダイエットサプリメントになっています。運動と組み合わせることで脂肪燃焼がアップします。

 

参考資料:日本人と L -カルニチン:Low doseに目を向けて|王堂 哲,生物試料分析Vol.35,,No4(2012)

*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

-内分泌代謝

© 2020 わかりやすい薬の解説-公式サイト Powered by AFFINGER5