薬局の仕事

バルプロ酸Na徐放B錠「トーワ」がバルプロ酸Na徐放錠A「トーワ」に名称変更されました

2019年12月13日

 

バルプロ酸Na徐放B錠「トーワ」がバルプロ酸Na徐放錠A「トーワ」に名称変更されました。名称がBからAに変わるという珍しいケースです。



名称変更の理由

名称変更の理由は、日本薬局方の改訂です。今回の改訂で、バルプロ酸ナトリウムはバルプロ酸ナトリウム徐放錠Aとバルプロ酸ナトリウム徐放錠Bに区別されました。

デパケンRもセレニカRも成分はバルプロ酸ナトリウムですが成分が区別されました。デパケンRの成分はバルプロ酸ナトリウム徐放錠Aです。セレニカRはバルプロ酸ナトリウム徐放錠Bです。

それに伴い、デパケンRのジェネリック医薬品の名称がバルプロ酸ナトリウム徐放B錠「トーワ」からバルプロ酸ナトリウム徐放A錠「トーワ」に変わりました。

 

デパケンRのジェネリック




バルプロ酸Na徐放錠A「トーワ」(これまではバルプロ酸Na徐放B錠「トーワ」)はデパケンRのジェネリック医薬品です。

1日2回服用できるので、2を意味するbisからBを取りバルプロ酸Na徐放B錠「トーワ」という名称でした。今回、日本薬局方がバルプロ酸Na徐放Aという名前を付けたので、バルプロ酸Na徐放錠A「トーワ」に変更になりました。たまたまB錠がA錠になってしまいました。

患者さんからすれば、「B錠がA錠になったけど中身は同じ」と言われても理解しにくいですね。

 

セレニカRがバルプロ酸Na徐放錠B

セレニカRも成分はバルプロ酸Naです。今回の日本薬局方の改訂で、バルプロ酸Na徐放錠Aと区別されてバルプロ酸Na徐放錠Bになりました。

セレニカRはデパケンRとは異なり、1日1回の服用です。

 

デパケンRとセレニカRの違い




デパケンRとセレニカRの違いについて整理します。

簡単にいうと、デパケンRは効き始めが速く、半減期が短いです。セレニカRは効き始めが遅いですが、半減期が長いです。

デパケンRの特徴

バルプロ酸ナトリウム徐放錠A。(これまではバルプロ酸Na徐放B錠)
血中濃度の立ち上がりが速く半減期が短い。
服用回数は1日1~2回。

 

セレニカRの特徴

バルプロ酸ナトリウム徐放錠B。血中濃度の立ち上がりが遅く半減期が長い。
服用回数は1日1回。

 

まとめ

バルプロ酸Na徐放B錠がバルプロ酸Na徐放錠Aに名称変更されました。

変更理由は日本薬局方の改訂で、バルプロ酸ナトリウムが徐放錠Aと徐放錠Bに区別されたからです。



*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

よく読まれている記事

1

  コロナウイルスの感染予防には、手洗いや、手洗い後のアルコール消毒が有効です。テーブルや食器、ドアノブや便器などの消毒には次亜塩素酸ナトリウムが有効です。流行期には特に消毒をして感染を予防 ...

2

新型コロナウイルスが広がっていますが、”正しく怖れる”ことが大切と言われています。マスクの買い占めをしたりしてパニックに陥らないようにしたいですね。マスクやアルコール消毒に注意が行きがちですが、こまめ ...

3

「病院に行ったけど薬をもらうのを忘れた」 そんな経験はありますか?薬をもらい忘れて連休に入ってしまうと薬局を探すのにも一苦労です。そんな時、処方箋のネット予約が便利です。   EPARKくす ...

4

使い分けの方法は決まっていません。 整腸剤には、主に4種類の善玉菌が使われます。 それぞれの特性を生かしたさまざまな組み合わせがあります。 整腸剤は腸に善玉菌を送り込むことで腸内細菌のバランスを整える ...

5

症状に応じて使い分けましょう。 抗ヒスタミン薬 抗ヒスタミン薬の飲み薬には、たくさんの種類があります。大きく分けて2つ―第一抗ヒスタミン薬と第二世代抗ヒスタミン薬があります。 第一世代抗ヒスタミン薬 ...

6

人に聞きにくい体の悩みを抱えたことはありませんか。 このサイトでは、人に聞きにくい薬の疑問を薬剤師の視点で薬の解説をしています。 この記事では、膣カンジダの原因と薬についてまとめています。 わかりやす ...

-薬局の仕事

Copyright© わかりやすい薬の解説 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.