薬局の仕事

薬のPTP包装シートとSP包装【ヒートと呼ぶのは間違い?】

2020年1月15日

錠剤やカプセル剤の包装にはPTP包装シートやストリップ(SP)包装などがあります。薬剤師は錠剤の包装を「ヒート」と呼ぶことがありますが、PTP包装やSP包装という言い方が正しい言い方です。

もちろん、薬剤師の間では「ヒート」で通じるので間違いではありません。患者さんなど一般の方には「ヒート」と言っても通じないので注意が必要です。

✔PTP包装シートは、薬を押し出すタイプの包装で、錠剤やカプセル剤の包装の主流です。
✔ストリップ(SP)包装は、錠剤を2枚の材料の間に挟み込み、周りを接着する包装です。

 

PTP包装シートとストリップ(SP)包装

錠剤やカプセル剤の包装は、「PTP包装シート」や「ストリップ(SP)包装」などです。PTP包装シートが大半を占めています。

PTP包装シート

PTP包装シートは、薬を押し出すタイプの包装で、錠剤やカプセル剤の包装の主流です。プラスチックに作った”くぼみ”に薬を入れて、アルミ箔などを貼り合わせた作りになっています。貼り合わせるときにヒートシールを使います。

大抵はプラスチックが透明で、中の錠剤が見えるようになっています。

 

ストリップ(SP)包装

ストリップ(SP)包装は、錠剤を2枚の材料の間に挟み込み、周りを接着する包装です。2枚のシートを張り合わせた形です。湿気に強く、遮光性にも優れます。粉薬の個包装にも使われています。バファリンA81などの包装がストリップ包装です。

ストリップ(SP)包装でも、貼り合わせるときにヒートシールを使います。



通称「ヒート」

薬剤師の間では、薬の包装を「ヒート」と呼ぶことがあります。

薬剤師の間では「ヒート」という言葉が浸透しています。薬剤師の間では通用しますが、患者さんに「ヒート」と言ってもピンと来る人はほとんどいません。

「ヒート」という言葉は、ヒートシールから来ているようです。ヒートシールは、「フィルムや容器の接着層を熱で溶かして圧着し、接着すること」です。熱で溶かして”接着すること”、または”方法”のことであって出来上がった製品を言っている訳ではありません。

接着する”方法”である「ヒート」が通称になっています。患者さんに対しては「ヒート」ではなく、「薬の包装」など一般的な用語を使うのが良いでしょう。

薬剤師の間でも正確な言葉を使いたい人は、「PTP」や「SP包装」などの言葉を使いましょう。

 

まとめ

✔PTP包装シートは、薬を押し出すタイプの包装で、錠剤やカプセル剤の包装の主流です。
✔ストリップ(SP)包装は、錠剤を2枚の材料の間に挟み込み、周りを接着する包装です。
✔薬剤師の間では、薬の包装を「ヒート」と呼ぶことがあります。

参考資料:からだとくすりのはなし|中外製薬,日皮協ジャーナルNo.81(2019.2)

 

*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

おすすめ記事

1

どの風邪薬を選べばいいか悩んだことはありませんか。 ドラッグストアに行くと、風邪薬だけでもたくさんの種類があります。 風邪薬はたくさんのメーカーが販売していますから、種類も多くなってしまいます。 この ...

2

膣カンジダの市販薬には、エンペシドL、メディトリート、フレディCC、フェミニーナ膣カンジダ錠があります。カンジダ菌の増殖を抑える作用があります。 膣カンジダの市販薬は、もともと病院で処方されてきた医療 ...

3

「病院に行ったけど薬をもらうのを忘れた」 そんな経験はありますか?薬をもらい忘れて連休に入ってしまうと薬局を探すのにも一苦労です。そんな時、処方箋のネット予約が便利です。   EPARKくす ...

4

痔みたいだけど、恥ずかしくて病院に行きたくない。 市販薬でなんとかしたい。 痔のつらい症状で、人知れず悩んでいる方も多いと思います。 痔の市販薬は、症状を一時的に抑える薬です。この記事では、市販の痔の ...

5

市販の水虫薬には、病院でも処方されるものがあります。この記事では、市販されているもののうち病院で良く処方される薬を紹介します。 水虫薬の作用についても解説します。 ✔水虫には抗真菌薬を使 ...

-薬局の仕事

Copyright© わかりやすい薬の解説 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.