排尿障害治療薬の分類

この記事は約2分で読めます。

前立腺肥大の患者さんが来局されました。処方内容は以下の通り。

タムスロシン

フラボキサート

エビプロスタットBD

前立腺肥大の勉強を久しぶりにしてみます。

ざっくりと排尿障害薬の分類を。

 

 

排尿障害治療薬の分類

抗男性ホルモン薬(抗アンドロゲン薬)

プロスタールとか

男性ホルモンの作用を抑えて前立腺を小さくする

 

抗コリン薬

ベシケア、バップフォーとか

膀胱の収縮を抑えておしっこを溜められるようにする

 

β3刺激薬

ベタニス

簡単に言うと、交感神経の働き。

膀胱を広げて、おしっこを溜められるようにする。

それと同時に、尿道を縮めておしっこを我慢できるようにする。

 

5α-還元酵素阻害薬

アボルブ

ジヒドロテストステロンを減らす。(5α-還元酵素はジヒドロテストステロンを作る酵素)

そのことで、前立腺を小さくする。

植物エキス、アミノ酸製剤

エビプロスタットとか

前立腺の炎症を抑えるなど、比較的緩和な作用。

α1遮断薬

ユリーフ、ハルナールとか

尿道のα1受容体を遮断すると前立腺が小さくなり、尿道が広がる。

 

 

先ほどの患者さんの症状は落ち着いているようでした

さっきの患者さんは、まずはタムスロシン(α1遮断薬)で排尿障害への作用を狙います。フラボキサートは上の分類には当てはまらない、古くからある頻尿の薬。膀胱を弛緩させて尿意が収まる。エビプロスタットは生薬の薬で前立腺の炎症を抑える。

こうやってみると、この患者さんの症状の程度は軽い感じがしますね。比較的緩和な作用の薬が処方されています。投薬の際も、排尿には問題ないと言っていました。