薬剤師の仕事

【簡単】大学の教科書は高価買取サイトで売りましょう【送料無料】

大学の教科書がいっぱいあるけど、まだ使うかな?
まったく使わずに捨てることになりますよ。
でも高かったし、捨てるのもどうかな?
買取サイトを使えば高く売れますよ。

教科書は、魚みたいにどんどん鮮度が落ちていきます。今なら高く売れる本が来年には数百円かも。

大学の教科書は売ってしまいましょう。

教科書を売るべき理由は以下の通り。

・大学時代の教科書はほぼ見ないです。
・教科書の情報はどんどん古くなり、価値が下がります。
・薬の情報は、添付文書やインタビューフォームを読みましょう。
・新しい本を読んだ方が勉強になります。

 

高額買取はこちらから
↓↓


医学書・医学専門書の専門買取サイト「メディカルマイスター」

大学の教科書はもう使わない

高い教科書を捨てるのは気が引けますね。でも、本棚に置いておいても、ほとんどは使わずに終わります。

でも捨てちゃっていいのかな?
取っておいても使わないですよ

 

教科書の価値は下がる

教科書の価値は時間と共に下がっていきます。医学薬学は進歩していきますし、新薬も出てくるので当然ですね。

10年前の教科書なんて読もうとは思いません。

僕も、最近ふと薬理書を読みたくなったけど、読みたいのは10数年前の教科書じゃないです。だから、教科書をとっておいても無駄になりますよ。

ある薬理学の教科書を中古で買おうとすると、最新のものは8000円くらいです。でも、一つ前の版は500円くらいで買えます。このくらい価値が下がります。

教科書は魚みたいなもので、どんどん鮮度が落ちていきます。鮮度が良いうちにお金に変えた方が賢いですよね。

 

添付文書やインタビューフォーム

教科書を売るからといって、勉強をやめる訳じゃないですね。古い教科書を読むよりも、最新で詳しい情報を勉強しましょう!

実務で必要な情報は添付文書とインタビューフォームに載っていますね。薬剤師になってから読むべきものは、学生時代とは違うということですね。

 

 

高価買取サイトで売ろう

大学時代の教科書は、きれいさっぱり処分しましょう。でも、勉強は続けましょう。

繰り返しになりますが、大学時代の教科書を見るんじゃなくて、添付文書やインタビューフォームを読みましょう。

資源ゴミに出してもよし!買い取り業者に売ってもよしです!

買い取り業者に売るのはちょっと手間ですが、結構なお金になります。1年経つだけでかなり値段は下がるので、早めに高く売りましょう!

早く売らないと鮮度が、落ちますよ。

なんとなく教科書を読み返したくなった僕みたいな薬剤師が買うかもしれないですね。

 

専門書の買取業者
医学書・医学専門書の専門買取サイト「メディカルマイスター」などの買い取り業者に売るのは結構簡単です。段ボールも無料でもらえるし、5冊くらいから送料も無料です。手続きはネットで簡単にできますよ。

 

新卒薬剤師が読む本

売ったお金で新しい本を書いましょう。薬剤師が読む本は教科書だけじゃないですよ。

実践薬学や薬の使いわけなどがおすすめですね。

 

 

 

まとめ

大学時代の教科書はほぼ見ないです。

教科書の情報はどんどん古くなり、価値が下がります。

大学時代の教科書は処分して、新しい本を読みましょう。薬の情報は、添付文書やインタビューフォームを読みましょう。

高額買取はこちらから
↓↓

医学書・医学専門書の専門買取サイト「メディカルマイスター」

*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

-薬剤師の仕事

© 2020 わかりやすい薬の解説-公式サイト Powered by AFFINGER5