【漢方】防風通聖散のダイエット効果は?

この記事は約2分で読めます。

防風通聖散の効果

防風通聖散は脂肪燃焼効果があると言われています。

最近の防風通聖散の研究でも、効果が確認されています。

 

 

脂肪燃焼効果

防風通聖散の成分がノルアドレナリンの働きを良くすることで、脂肪燃焼を促進します。

以下が小林製薬のサイトの情報です

防風通聖散は糞便量を増やす
採取した糞便を乾燥し、重量を測定しました。飼育期間中に食べた餌の量に対する糞便量を算出したところ、防風通聖散を投与したマウスで糞便量が増加していることが分かりました(図3)。
漢方医学において肥満は「食毒」が体内に停滞している状態と考えられており、防風通聖散はその毒を排出するものと考えられています。
肥満状態において停滞する栄養素は脂質やコレステロールと考えられるため、次に糞便中のこれらの量について測定しました。

防風通聖散の効果②脂肪の吸収を抑制

マウスの実験で、糞中の脂肪が増加したという報告があります。

糞中の脂肪とコレステロールの量が約1.5倍になっています。
つまり、腸での脂肪吸収が抑えられるという事です。

以下が小林製薬のサイトの情報です

糞便より脂質を抽出し、脂質量およびコレステロール量を測定しました。その結果、防風通聖散を投与したマウスでは糞便中の脂質量が最大で146%、コレステロール量が159%に増加していました。また、この効果について詳しく調べたところ、腸管からの脂質の吸収阻害によるものと考えられました。