胃腸薬

市販薬のガスピタンはガスコンと同じ?【お腹のガスを取ります】

お腹にガスがたまって苦しいと感じたことはありますか。お腹のガスを取って楽にする薬がありますよ。

・ガスコンは、お腹のガスを取ってお腹の張りを楽にする薬です。

・ガスコンの成分はシリコーンです。シリコーンは、細かな泡の表面張力を低下させて泡を集合させ、体外に排出させます。

・市販のガスピタンの主成分も、ガスコンと同じジメチルポリシロキサシンです。お腹にたまったガスを取ってお腹の張りを取り、膨満感を改善します。

 

 

ガスコンとは

お腹にガスがたまって苦しいと感じたことはありますか。お腹のガスを取って楽にする薬があります。

ガスコンは、おなかのガスを取る薬です。腸の中にたまった細かなガスを集合させて排出します。

ガスがたまってお腹が苦しいなどの症状を改善します。

ガスコンは医師が処方する薬なので、気になる方は医師に相談しましょう。

 

ガスコンの成分

ガスコンの成分は、ジメチルポリシロキサシン(ジメチコン)といいます。ジメチルポリシロキサシンは様々な用途で使用されているシリコーンのことです。

シリコーンには消泡作用があります。細かな泡の表面張力を低下させて泡を集合させ、体外に排出させます。おならがスッキリ出てお腹の張りが取れます。

 

ガスピタン

市販のガスピタンの主成分も、ガスコンと同じジメチルポリシロキサシンです。ジメチルポリシロキサシン以外には、3種類の乳酸菌と消化酵素ーセルラーゼA3を配合しています。

お腹にたまったガスを取ってお腹の張りを取り、膨満感を改善します。

乳酸菌も入っているので、整腸作用によってお腹の調子を整えてくれます。

 

まとめ

・ガスコンは、お腹のガスを取ってお腹の張りを楽にする薬です。

・ガスコンの成分はシリコーンです。シリコーンは、細かな泡の表面張力を低下させて泡を集合させ、体外に排出させます。

・市販のガスピタンの主成分も、ガスコンと同じジメチルポリシロキサシンです。お腹にたまったガスを取ってお腹の張りを取り、膨満感を改善します。

*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

-胃腸薬

© 2020 わかりやすい薬の解説-公式サイト Powered by AFFINGER5