【過活動膀胱】ベオーバとベタニスの違い

この記事は約2分で読めます。

β3刺激薬

ベタニスに続くβ3アドレナリン受容体刺激薬です。

効能効果は「過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁」

ベタニスと同じく、抗コリン作用がありません。

そのため、口喝、便秘、霧視などの副作用がありません。




β3刺激作用とは

β3刺激作用によって、膀胱に尿を溜める機能を高めます。

膀胱の収縮を抑え、尿道の収縮を高めます。

β3受容体を刺激するものの、β1、β2受容体には影響がありません。

 

以下は添付文書より

膀胱平滑筋に存在するβ3アドレナリン受容体を選択的に刺激し、膀胱を弛緩させることで蓄尿機能を亢進し、過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁を改善する。

 




ベタニスとの違い

以下の点がベタニスとの違いです。

高血圧の副作用の記載がない

ベタニスの重大な副作用の項目には高血圧がありますが、ベオーバにはありません。

生殖可能年齢でも使える

ベタニスにあった、“生殖可能年齢への使用をできる限り避ける”という記載もありません。




まとめ

ベオーバもベタニスもβ3刺激作用により、膀胱に尿を溜める機能を高めます。

・抗コリン作用がないため、口喝、便秘、霧視などの副作用がありません。

・ベオーバには高血圧の副作用の記載がありません。

・ベオーバは、生殖可能年齢でも使用可能です。

 

 

参考資料:添付文書