【日やけ】紫外線で赤くなるタイプと黒くなるタイプの違い

この記事は約2分で読めます。

紫外線が皮膚に当たると、皮膚の細胞のDNAに傷がつきます。

DNAは塩基と呼ばれる分子が長くつながった構造です。

紫外線によって、一部の塩基がつながらなくていい部分でつながってしまいます。

 

細胞には、DNAの傷ついた部分を修復する能力が備わっています。

傷付いた部分を取り除き、新しい塩基を挿入します。

 

紫外線によって、細胞の膜に傷がつくこともあります。

 

 

紫外線によって、DNAや細胞の膜に傷がつくことが原因で日焼けになります。

 



 

2種類の日焼け

日焼けをすると、赤くなるタイプの人と、黒くなるタイプの人がいます。

どちらも、ここで取り上げた皮膚の炎症が原因です。

 

赤くなる日焼け

皮膚が赤く腫れがることをサンバーンといいます。

DNAや細胞の膜が傷ついたことが原因で、炎症を引き起こす物質が出来てしまいます。

その結果、皮膚が赤く腫れあがります。
しばらくすると、死んだ皮膚が薄い膜となって剥がれ落ちます。

 

黒くなる日焼け

日焼けによって皮膚が黒くなることをサンタンといいます。

原因はサンバーンと同じく、DNAや細胞の膜が傷ついたことによる炎症です。

サンタンの場合は、炎症反応によってメラノサイトと呼ばれる色素細胞が刺激を受けてメラニン色素がつくられます。

メラニン色素は、紫外線を吸収するため、次の紫外線に備えた防御反応といえます。

 

まとめ

・紫外線によって、DNAや細胞の膜に傷がつくことが原因で日焼けになります。

・皮膚が赤く腫れがることをサンバーンといいます。

・日焼けによって皮膚が黒くなることをサンタンといいます。

 

 

参考資料:皮膚科Q&A(日本皮膚科学会)