熱や頭痛に効く風邪薬-おすすめの市販薬は?

この記事は約5分で読めます。

 

どの風邪薬を選べばいいか悩んだことはありませんか。
ドラッグストアに行くと、風邪薬だけでもたくさんの種類がありますね。
風邪薬はたくさんのメーカーが販売していますから、種類も多くなってしまいます。
この記事では、熱や頭痛の風邪薬の選び方を解説します。

 

風邪の原因はウイルス

まず、風邪の原因について理解しておきましょう。
風邪の原因はウイルス感染です。ウイルスが体に侵入することで、様々な風邪の症状が起こります。風邪ウイルスを退治する薬は存在しないので、体に備わっている免疫機能によって撃退するしかありません。とにかく体を休めて、体がウイルスを撃退することにエネルギーを使えるようにすることが大切です。

 

 

市販の風邪薬

ウイルスを撃退するまでは、咳や鼻水、熱や頭痛などのつらい症状が続きます。市販の風邪薬は、このような風邪に伴う症状を楽にするための薬です。風邪ウイルスを撃退する薬ではないことを理解しておきましょう。

症状が長引く場合や、症状が重くなる場合には、他の病気が潜んでいることがあるので医師に診てもらいましょう。

症状が軽い場合は、市販の風邪薬で十分対処できます。

 

 

解熱鎮痛薬

解熱鎮痛薬は、痛みを抑えたり、熱を下げたりする薬です。風邪による発熱や頭痛、節々の痛みに効果があります。「痛みがあるけど熱はない」という場合や、「痛みはないけど熱がある」という場合にも解熱鎮痛薬を使用できます。
市販薬では、ロキソプロフェン、イブプロフェン、アセトアミノフェンなどが配合された薬が販売されています。

 

・ロキソプロフェン

ロキソプロフェンは、病院で最も使用されている解熱鎮痛薬の一つです。
市販薬で代表的なのはロキソニンSですが、同成分のロキソプロフェン「クニヒロ」など価格の抑えられた薬をインターネットで購入することも可能です。第一類医薬品のため薬剤師による販売となります。

 

201907

201907

 

・イブプロフェン

イブプロフェンも痛みや熱に効果的です。
市販ではイブAが有名ですが、様々なメーカーが同成分の薬を販売しています。

 

201907

 

・アセトアミノフェン
アセトアミノフェンは、子供から服用できる解熱鎮痛薬です。病院で処方されるカロナールに配合されている成分です。
子供も使用できるからといって効果が弱いわけではありません。

 

201907

201907

 

 

 

 

総合感冒薬

風邪薬は、症状に合わせて使用するのが基本です。症状が熱だけの場合は解熱鎮痛薬、咳だけの場合は咳止め、という選び方をします。でも、いくつかの症状ある場合は総合感冒薬を使用できます。
総合感冒薬は、ここまでに取り上げた薬を組み合わせたものです。解熱鎮痛薬、咳止め、鼻炎薬が配合したものが基本です。このような基本処方の様々な組み合わせによって、たくさんの総合感冒薬が販売されています。

 

 

 

・総合感冒薬にアンブロキソールをプラス

総合感冒薬の基本処方にアンブロキソールなどの去痰薬を加えたものがあります。特に痰の症状がひどい風邪の症状に向いています。

 

 

・総合感冒薬にトラネキサム酸をプラス

総合感冒薬の基本処方にトラネキサム酸を加えたものがあります。特にのどの痛みがひどい風邪症状に向いています。

 

 

 

まとめ

・この記事では、風邪による熱や頭痛などの症状に効く市販薬をご紹介しました。

・咳や鼻水などの症状を伴う場合は、いくつかの薬を組み合わせた総合感冒薬を使いましょう。