トイレの悩み

ミニリンメルトは多尿による頻尿に効果あり【男性の頻尿】

ミニリンメルトは尿の量を減らすので頻尿に効果があります。子供の夜おねしょに使われてきた薬ですが、夜中に何度もトイレに起きてしまう成人男性にも使用できるようになりました。特に、尿の量が多いために頻尿になっている場合に処方されます。

成人に処方されるミニリンメルトは、子供に処方されるものよりも低用量です。ミニリンメルトは低ナトリウム血症などのリスクがあるためです。

この記事では、ミニリンメルトの作用について解説します。大人に処方される低用量のミニリンメルトの注意点についても解説します。

 

腎臓の働き

腎臓はたくさんの尿をつくり、必要なものを血液に戻して尿を濃縮します。

腎臓の働きについておさらいします。

腎臓は血液をろ過して尿をつくります。血液をろ過して、たくさんの尿をつくります。ざっくりとたくさんの尿をつくってから、ほとんどを血液に戻します。

 

たくさんの尿をつくりますが、ほとんどの水分を血液に戻します。水が血液に戻るときには、ナトリウムやカリウムも一緒です。不要なものだけを尿に残して濃縮します。



水だけを再吸収するしくみ

バソプレシンは水だけを血液に戻すので、血液を薄め、尿の量を減らします。

ナトリウムやカリウムとは関係なく、水だけを血液に戻すしくみもあります。血液中のナトリウムなどが多くなると、血液を薄めます。これにはバソプレシンというホルモンが関わります。

血液が濃くなると(浸透圧が上がる)バソプレシンというホルモンが分泌されます。バソプレシンが腎臓にある受容体とくっつくと、アクアポリンという物質が働きます。アクアポリンが、水だけを尿から血液へ戻します。

このように、バソプレシンは血液を薄め尿の量が減らします。

 



ミニリンメルトの作用

ミニリンメルトは血液を薄め、尿の量を減らしていきます。

ミニリンメルトの作用はバソプレシンと同じです。水だけを尿から血液へ戻して、血液を薄めます。

ミニリンメルトの成分はデスモプレシンです。デスモプレシンは腎臓のバソプレシン受容体にくっつきます。すると、アクアポリンが働いて、水だけを尿から血液へ戻します。

水だけを尿から血液に戻します。血液を薄め、尿の量を減らしていきます。

 

尿の量を減らす作用を利用して、ミニリンメルトOD錠60µg、120µg、240µgが子供の夜尿症に使われてきました。バソプレシンが不足したことによる尿崩症の治療にも使います。

ミニリンメルトは、低ナトリウム血症のリスクなどがあるので基本的に使えるのは子供だけでした。

 

成分量を少なくしたミニリンメルトOD錠25µg、50µgは、大人の頻尿にも使えるようになっています。特に、尿の量が多いために夜中に何度もトイレに行くという場合に使えます。

男性の頻尿の原因としては前立腺肥大などもありますが、ミニリンメルトが使えるのは、尿の量が多いために頻尿になっている場合です。効能効果は、「男性における夜間多尿による夜間頻尿」となっています。

 

低ナトリウム血症に注意

ミニリンメルトが効きすぎると血液のナトリウムが薄くなり低ナトリウム血症になります。

ミニリンメルトの副作用に低ナトリウム血症があります。尿から水だけを血液に戻していくため、血液のナトリウムが薄くなることがあります。そのため、低ナトリウム血症に注意が必要です。

低ナトリウム血症になると疲労感や頭痛、嘔吐などの症状が出ることがあります。重くなる痙攣などが起きることもあります。

 

利尿薬との併用

ミニリンメルトOD錠25µg、50µgは、ループ利尿薬やチアジド系利尿薬との併用ができません。

ループ利尿薬チアジド系利尿薬は、ナトリウムが血液に戻るのを邪魔する働きがあります。血液のナトリウムが減るので低ナトリウム血症のリスクがあります。

これらの利尿剤とミニリンメルトを一緒に飲むと、ミニリンメルトが血液を薄める作用と相まって血液中のナトリウムがさらに減ってしまいます。低ナトリウム血症のリスクが高くなります。これらの利尿剤との併用はできません。

 

ステロイド薬との併用

ミニリンメルトOD錠25µg、50µgは外用薬以外のステロイド薬(注射剤、経口剤、吸入剤、注腸剤、坐剤)との併用もできません。

海外の臨床試験で低ナトリウム血症になった患者がステロイドを併用していたためです。125Eq/Lになった5人中4人がステロイドを併用していました。なぜステロイドを併用すると低ナトリウム血症になりやすくなるのかは不明です。

 

 

まとめ

腎臓はたくさんの尿をつくり、必要なものを血液に戻して尿を濃縮します。

バソプレシンは水だけを血液に戻すので、血液を薄め尿の量が減らします。

ミニリンメルトも血液を薄め尿を減らします。

ミニリンメルトが効きすぎると血液のナトリウムが薄くなり低ナトリウム血症になります。

ミニリンメルトOD錠25µg、50µgは、ループ利尿薬やチアジド系利尿薬、外用薬以外のステロイド薬との併用ができません。

 

参考資料:ミニリンメルトOD錠25・50 インタビューフォーム

 

 

*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

 

\\1枚24円送料無料のマスクはこちら//

送料無料のマスクサブスク

 

おすすめ記事

1

8月29日からマスクの転売規制が解除になります。またマスクが品薄になるのではないか、マスクの価格が上昇すのではないか、と心配の声が上がっています。 今のところ、ネットでの価格は安定していますし、マスク ...

2

薬剤師の転職は、転職サイトを選ぶところから始まります。この記事では、3つの厳選した転職サイトを紹介します。病院や調剤薬局に強いサイト、派遣に強いサイトなど特徴を把握して選びましょう。求人件数などのデー ...

3

僕は調剤併設型ドラッグストアで働いていますが、ほとんどストレスがありません。   なんでストレスなく働けているか?   結論から言うと、①人間関係のストレスが少ないから、②売り場の ...

4

膣カンジダの市販薬には、エンペシドL、メディトリート、フレディCC、フェミニーナ膣カンジダ錠があります。カンジダ菌の増殖を抑える作用があります。 膣カンジダの市販薬は、もともと病院で処方されてきた医療 ...

5

「病院に行ったけど薬をもらうのを忘れた」 そんな経験はありますか?薬をもらい忘れて連休に入ってしまうと薬局を探すのにも一苦労です。そんな時、処方箋のネット予約が便利です。   EPARKくす ...

6

市販薬でなんとかしたい。 痔のつらい症状で、人知れず悩んでいる方も多いと思います。 痔の市販薬は、症状を一時的に抑える薬です。この記事では、市販の痔の薬の作用について解説します。 目次1 痔の種類2 ...

7

市販の水虫薬には、病院でも処方されるものがあります。この記事では、市販されているもののうち病院で良く処方される薬を紹介します。 水虫薬の作用についても解説します。 ✔水虫には抗真菌薬を使 ...

-トイレの悩み

© 2020 わかりやすい薬の解説 Powered by AFFINGER5