【インフルエンザ】新薬ゾフルーザの効き方(作用機序)

この記事は約3分で読めます。

「この薬はどのように効くんだろう」と考えることはありませんか?

薬剤師として患者さんとお話ししていると、薬の作用を理解して安心する方がいます。

この記事では、2018年に発売になったゾフルーザという抗インフルエンザ薬の作用を解説します

この記事を読んでいただくと、ゾフルーザが体の中でどのように作用するのかを理解できます。

 

 

 

ゾフルーザは1回服用するだけ

なんと言っても、1回服用するだけという点が一番のインパクトではないでしょうか。1日1回ではありません。本当に一回飲むだけです。イナビルも一度で終わりますが、吸入薬なので、面倒だし、吸入に多少のテクニックが要ります。きちんと吸入できていなければ、効果は大幅に落ちてしまいます。薬剤師としても、説明に手間がかかるのが難点でした。また、時間がかかるということは、他の患者さんへの感染という点でも神経を使いました。

それがゾフルーザは内服でいいので、説明が簡潔にすみます。それに、一回の服用ですから、飲み忘れもほとんどないでしょう。




 

従来の薬との作用機序の違い

ウイルスというものは、宿主の細胞に感染したあと、宿主の細胞の中で増殖します。その後、増殖したウイルスは宿主の細胞から外に出て、また別の細胞に感染します。このようにして、増殖、感染を繰り返していきます。

従来の抗インフルエンザ薬の作用機序

タミフルなど従来の抗インフルエンザ薬は、ノイラミニターゼ阻害剤と呼ばれる薬です。ウイルスのノイラミニターゼは、宿主の細胞の中で増殖したウイルスが、宿主の細胞から外に出るときに必要な酵素です。

つまり、ノイラミニターゼを阻害することで、増殖したウイルスが外に出て行くのを邪魔するということです。

 

ゾフルーザの作用機序

一方ゾフルーザは、キャップ型エンドヌクレアーゼ阻害剤という薬です。

以下は添付文書の薬効薬理ー作用機序の項です。

作用機序
バロキサビル マルボキシル活性体は,A 型及び B 型インフルエンザウイルスのキャップ依存性エンドヌクレアーゼ活性を選択的に阻害する。キャップ依存性エンドヌクレアーゼは,宿主細胞由来 mRNA 前駆体を特異的に切断する酵素であり,ウイルスmRNA 合成に必要なプライマーとなる RNA 断片を生成する。バロキサビル マルボキシル活性体は,キャップ依存性エンドヌクレアーゼ活性を阻害し,ウイルス mRNA の合成を阻害することにより,ウイルス増殖抑制作用を発揮する 13)。

キャップ型エンドヌクレアーゼは新しいウイルスを作るのに必要なmRNA(メッセンジャーRNA)の合成を阻害します。

つまり、宿主の細胞の中で増殖するのを邪魔するっていうことです。

タミフルなどは、増えたウイルスが外に行かないようにする薬ですが、ゾフルーザはその前段階で、そもそもウイルスが増えないようにする薬ということです。

この作用機序を考えただけでも、効きそうな気がしますね。

実際、ゾフルーザは服用後にウイルスが消失するまでの時間時間が短かったそうです。

 

 

まとめ

ゾフルーザは一回内服するだけということで、今までより格段に使いやすい薬です。

しかも、作用機序を考えても、従来の薬より抗ウイルス薬としての効果が高そうな感じがします。

そうは言っても、新薬ですから未知の副作用や薬剤耐性の問題も、これから生じないとも言えません。

利点の多い薬とはいえ、冷静な目が必要といえるでしょう。

 

*ゾフルーザの薬剤耐性についてはこちらをご覧ください。

【インフルエンザ】ゾフルーザが効かなくなる?ー薬剤耐性について