皮膚

ロコイド軟膏の強さと注意点【市販薬はロコイダン軟膏】

ロコイド軟膏はマイルドランクのステロイド外用薬で、炎症の軽い症状や、顔などのデリケートな皮膚に使用します。

ロコイドと同成分のロコイダンが市販されています。

 

・ロコイド軟膏、ロコイドクリームは5群中4群のマイルドランクのステロイド外用薬で、軽い炎症や顔などのデリケートな皮膚に使用しましょう。
・できるだけ まぶたへの使用は避ける、短期間の使用にする、感染部位への使用はさけるなどの注意点を守りましょう。
・ステロイドは適切なランクのものを適切な期間使えば全くこわい薬ではありません。

 

ロコイドとは

ロコイドはマイルドランクのステロイド外用薬です。

ロコイド軟膏、ロコイドクリームはステロイド外用薬で、皮膚の炎症を鎮める薬です。炎症を起こしている皮膚の腫れ、赤み、かゆみなどを取ります。あせも、かぶれ、虫刺されを改善します。

ステロイド外用薬は、効果の強さにより5群に分類されています。

・1群:ストロンゲスト(最も強い)
・2群:ベリーストロング(非常に強い)
・3群:ストロング(強い)
・4群:マイルド(穏やか)
・5群:ウィーク(弱い)

ロコイドは4群のマイルドに相当しており、炎症の軽い症状や、顔などのデリケートな皮膚に使用します。炎症の程度に合ったステロイドを使用することが大切ですので、重症の場合はロコイドよりも強いステロイドを使用しましょう。適切な強さのステロイドを短期間使用すること大切です。

ロコイド軟膏、ロコイドクリームは医療用医薬品ですので市販されていませんが、同じ成分のロコイダン軟膏という薬が市販されています。ロコイダン軟膏はドラッグストアやインターネットで購入できます。私の見る限り、店頭に置いていないことが多いので、お店で探すよりインターネットで購入す方が早いかもしれません。

 

目のまわりには注意

できるだけまぶたを避けるようにしましょう。

ロコイドはマイルドランクのステロイドなので顔などに使用できますが、目のまわりには注意が必要です。特に、まぶたへの使用で、眼圧上昇、緑内障、白内障の副作用の報告があります。

市販薬のロコイダンの添付文書にも「顔面には、広範囲に使用しないでください」と記載されています。顔にも使えますが、長期間の使用や広範囲の使用を避け、できるだけまぶたを避けるようにしましょう。

 

感染部位は避ける

水虫、ヘルペス、ニキビなど、細菌、ウイルスが原因の患部は避けましょう。

ステロイドは免疫の働きを抑えて炎症を鎮めるため、塗布した部位では一時的に細菌やウイルスへの抵抗力が低下してしまいます。水虫、ヘルペス、ニキビ、とびひなど、細菌、ウイルスが原因の可能性がある場合は塗らないようにしましょう。

医師の処方では、抗菌薬や抗ウイルス薬など細菌やウイルスを退治する薬を十分に使ったうえで一時的にステロイドが処方される場合がありますが、その場合は医師に指示に従いましょう。

 

長期間の使用は避ける

ステロイド外用薬は、適切なランクのものを適切な期間 使うようにしましょう。

ロコイドは外用薬なので、上記の注意点を守り1~2週間の使用にとどめれば問題はありません。ただし、ステロイド外用薬を長期間使用すると、皮膚がうすくなる、皮膚が委縮する、毛細血管が広がるなどの副作用が出ることがあります。短期間の使用にとどめれば副作用の心配は要りませんので、短い期間で正しく使用しましょう。

患部の状態に合ったランクのステロイドを使うことも大切です。例えば、重症なのに低いランクのステロイドを使用すると、なかなか改善せず長期間使うことになり副作用のリスクが上がります。重症の場合は、高いランクのステロイドを使用して短期間で治療することで副作用のリスクも下がります。

ステロイド外用薬は、適切なランクのものを適切な期間 使うようにしましょう。

 

まとめ

ロコイド軟膏、ロコイドクリームは5群中4群のマイルドランクのステロイド外用薬で、軽い炎症や顔などのデリケートな皮膚に使用しましょう。

できるだけ まぶたへの使用は避ける、短期間の使用にする、感染部位への使用はさけるなどの注意点を守りましょう。

ステロイドは適切なランクのものを適切な期間使えば全くこわい薬ではありません。

 



*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

 

\\1枚24円送料無料のマスクはこちら//

送料無料のマスクサブスク

 

おすすめ記事

1

8月29日からマスクの転売規制が解除になります。またマスクが品薄になるのではないか、マスクの価格が上昇すのではないか、と心配の声が上がっています。 今のところ、ネットでの価格は安定していますし、マスク ...

2

薬剤師の転職は、転職サイトを選ぶところから始まります。この記事では、3つの厳選した転職サイトを紹介します。病院や調剤薬局に強いサイト、派遣に強いサイトなど特徴を把握して選びましょう。求人件数などのデー ...

3

僕は調剤併設型ドラッグストアで働いていますが、ほとんどストレスがありません。   なんでストレスなく働けているか?   結論から言うと、①人間関係のストレスが少ないから、②売り場の ...

4

膣カンジダの市販薬には、エンペシドL、メディトリート、フレディCC、フェミニーナ膣カンジダ錠があります。カンジダ菌の増殖を抑える作用があります。 膣カンジダの市販薬は、もともと病院で処方されてきた医療 ...

5

「病院に行ったけど薬をもらうのを忘れた」 そんな経験はありますか?薬をもらい忘れて連休に入ってしまうと薬局を探すのにも一苦労です。そんな時、処方箋のネット予約が便利です。   EPARKくす ...

6

市販薬でなんとかしたい。 痔のつらい症状で、人知れず悩んでいる方も多いと思います。 痔の市販薬は、症状を一時的に抑える薬です。この記事では、市販の痔の薬の作用について解説します。 目次1 痔の種類2 ...

7

市販の水虫薬には、病院でも処方されるものがあります。この記事では、市販されているもののうち病院で良く処方される薬を紹介します。 水虫薬の作用についても解説します。 ✔水虫には抗真菌薬を使 ...

-皮膚

© 2020 わかりやすい薬の解説 Powered by AFFINGER5