呼吸器系

呼吸器系 呼吸器系
呼吸器系

【呼吸器】気管支拡張症の症状と治療薬

気管支拡張症とは、気管支の壁が損傷を受けて、気管支が広がったまま元に戻らない状態になる病気です。 先天的な原因や子供のころの肺炎、感染を繰り返すことで、気管支の壁が壊れたり弱くなったりします。 壊れた気管支の部分...
呼吸器系

【COPD】テリルジーは3剤配合の吸入薬

テリルジーはCOPDの吸入薬です。 一つの吸入器に3成分を配合し、1日1回でCOPDに対して効果を発揮する薬として初めてのものです。 吸入ステロイド、長期作用型抗コリン薬、長期作用型β刺激薬の3剤を配合しています。 この記事では、...
呼吸器系

【喘息】アドエアはステロイドとβ刺激薬の相乗効果

アドエアは気管支喘息治療で高い評価を得ている薬です。 気管支喘息とCOPDへの治療貢献度が高い薬を尋ねたある調査では、1位になっています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || [])...
呼吸器系

【喘息】吸入ステロイドによる低身長のリスクは低い

気管支喘息では気道に炎症が起きている 昔は、気管支喘息は発作によって死に至ることも多い疾患でした。 気管支喘息の病態も明らかになっていませんでした。 1980年頃までは、気管支の平滑筋が収縮して戻らなくなり、気道がふさがれてし...
呼吸器系

【インフルエンザ脳症】インフルエンザが重症化する原因は?

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); インフルエンザに感染しても、体力のある大人であれば薬の服用をなくても回復していきます。 しかし、小児や高齢者では重症化するリスク...
呼吸器系

【インフルエンザ】ゾフルーザが効かなくなる?ー薬剤耐性について

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ゾフルーザとは ゾフルーザはインフルエンザの治療薬として画期的な新薬です。 従来のインフルエンザ治療薬とは、効き方が異なり...
呼吸器系

【インフルエンザ】新薬ゾフルーザの効き方(作用機序)

「この薬はどのように効くんだろう」と考えることはありませんか? 薬剤師として患者さんとお話ししていると、薬の作用を理解して安心する方がいます。 この記事では、2018年に発売になったゾフルーザという抗インフルエンザ薬の作用を解説...