アレルギー

アレルギー

【アレルギー】エピペンはアナフィラキシーの第一選択薬

アナフィラキシーは、「アレルゲンの侵入により、複数臓器に全身性にアレルギー症状が惹起され、生命に危機を与え得る過敏反応」と定義されます。 アレルギー反応のうち、全身に症状が出て、命の危険があるもののことです。 皮膚の発疹、唇や下...
薬の基礎知識

【基礎薬学】アナフィラキシーの初期対応

アナフィラキシーの定義は以下の通りです。 「アレルゲンの侵入により、複数臓器に全身性にアレルギー症状が惹起され、生命に危機を与え得る過敏反応」 アレルギー反応のうち、全身に症状が出て、命の危険があるもののことです。 ...
アレルギー

【アレルギー】授乳中に使用できるアレルギー薬

授乳中もアレルギーの薬を服用したいということがあります。 授乳中も安全に使用できると考えられれているアレルギーの薬があります。 点眼薬・点鼻薬 アレルギーに使用される点眼薬や点鼻薬には、抗ヒスタミン薬、ステロイド薬、ケミカルメディエー...
消化器系

【免疫】腸内細菌とアレルギーの関係

腸には免疫細胞が多く存在 腸の免疫系は腸内細菌の影響を受けやすいことが知られています。 つまり、腸内細菌のバランスが腸の免疫系にとても重要だということです。 腸の免疫系は複雑な免疫ネットワークをつくっています。 腸にはアレルギー...
アレルギー

【鼻炎】ステロイド点鼻薬で鼻血

全身性の副作用 ステロイド点鼻薬は副作用の少ない薬で、ほとんど全身に影響しません。 バイオアベイラビリティは0.2%となっていて、血液中にほとんど入ることがありません。そのため、全身性の副作用はほとんど起こりません。 ...