アレルギー

ジルテックの市販薬を比較【コンタック鼻炎ZとストナリニZ】

日本ではおよそ2500万人が花粉症と言われています。2月~4月ごろまでがスギ花粉の飛散する時期です。花粉症の方の多くが服用するのが抗ヒスタミン薬です。ジルテックは、1日1回の服用で効果が持続し、眠くな ...

アレジオン20と同成分の市販薬を比較【ポジナールEPが安い】

  日本ではおよそ2500万人が花粉症と言われています。2月~4月ごろまでがスギ花粉の飛散する時期です。花粉症の方の多くが服用するのが抗ヒスタミン薬です。アレジオンは、眠気が出にくいため最も ...

【安い】アレグラFXと同成分の市販薬【価格を比較】

日本ではおよそ2500万人が花粉症と言われています。2月~4月ごろまでがスギ花粉の飛散する時期です。花粉症の方の多くが服用するのが抗ヒスタミン薬です。アレグラは、眠気が出にくいため最も使われている抗ヒ ...

エピペンとはアナフィラキシーに処方される注射薬-使い方と注意点

エピペンはアナフィラキシーに使用する注射薬です。 アナフィラキシーとは、アレルギー反応のうち、全身に症状が出て、命の危険があるもののことです。 エピペンは使える人は、アナフィラキシーの危険があると医師 ...

アナフィラキシーショックとはー救急車が来るまでの初期対応

アナフィラキシーと、アレルギー反応が全身に出て、命の危険がある状態です。 その中でも、「血圧低下や意識障害を伴う場合」のことをアナフィラキシーショックといいます。 この記事では、アナフィラキシーショッ ...

no image

【アレルギー】授乳中に使用できるアレルギー薬

2019/4/24    ,

授乳中もアレルギーの薬を服用したいということがあります。 授乳中も安全に使用できると考えられれているアレルギーの薬があります。   点眼薬・点鼻薬 アレルギーに使用される点眼薬や点鼻薬には、 ...

【鼻炎】ステロイド点鼻薬で鼻血

全身性の副作用 ステロイド点鼻薬は副作用の少ない薬で、ほとんど全身に影響しません。 バイオアベイラビリティは0.2%となっていて、血液中にほとんど入ることがありません。そのため、全身性の副作用はほとん ...

© 2020 わかりやすい薬の解説-公式サイト Powered by AFFINGER5