鼻炎・花粉症・アレルギー アレルギー

ザイザルは眠気が出にくい花粉症薬【ジルテックとの違いは?】

2019年3月12日

ザイザルは眠気が出にくい花粉症薬です。ザイザルの成分はレボセチリジンで、ジルテックにも配合されている成分です。

ジルテックにはレボセチリジンとデキストロセチリジンの混合物であるセチリジンが配合されています。ザイザルの方が眠気が出にくいと言われていますが、はっきりしたことは分かっていません。

この記事では、ザイザルの作用と副作用、ジルテックとの違いをまとめています。

・ザイザルもジルテックも第二世代抗ヒスタミン薬に分類されるアレルギーの薬です。
・ジルテックの有効成分のセチリジンには、レボセチリジン、デキストロセチリジンの2種類があります。一般に”セチリジン”と言うときは、この2種類の混合物です。
・2種類のセチリジンのうち、より強い効果を発揮するのはレボセチリジンです。レボセチリジンだけを配合したものがザイザルです。

セチリジンを配合した市販薬には、コンタック鼻炎Z、ストナリニZなどがあります。

どちらも抗ヒスタミン薬

ザイザルもジルテックも第二世代抗ヒスタミン薬に分類されるアレルギーの薬です。

ヒスタミンの働きを邪魔することによって、アレルギー症状を抑えます。特に、ザイザルやジルテックなどの第二世代抗ヒスタミン薬は眠気や口のかわきなどの副作用の少ない抗ヒスタミン薬です。

 

アレルギー症状

花粉などアレルギーを引き起こすものが体に入ると、免疫細胞が反応します。免疫細胞からは、ヒスタミンやロイコトリエンなどのアレルギー反応を引き起こす物質が出てきます。ヒスタミンはヒスタミン受容体にくっつくことでアレルギー症状を引き起こします。

 



 

抗ヒスタミン作用

抗ヒスタミン薬は、ヒスタミン受容体にくっつきます。椅子取りゲームのようにヒスタミンより先に受容体にくっつくことで、ヒスタミンの邪魔をします。それによって、鼻水やくしゃみなどのアレルギー症状を抑えます。

 

 



 

ジルテックの中身は2種類

ジルテックの有効成分のセチリジンには、レボセチリジン、デキストロセチリジンの2種類があります。一般に”セチリジン”と言うときは、この2種類の混合物です。

この二つは、鏡像異性体(エナンチオマー)と呼ばれます。2種類のセチリジンを立体的に見ると、鏡に写したような関係の違いがあります。

 

右手と左手のような関係

TAKEONEさんによる写真ACからの写真  

例えると、右手と左手のような関係です。どちらも“手”であることに変わりはありませんが別のものです。2種類のセチリジンも、右手と左手のようにセチリジンであることには変わりありませんが、立体的に見ると別ものです。ジルテックは、レボセチリジンとデキストロセチリジンが均等に混ざったものです。

 

2種類のセチリジンの違いは?

2種類のセチリジンのうち、より強い効果を発揮するのはレボセチリジンです。

ヒスタミン受容体(H1受容体)に対するくっつきやすさが違います。(親和性)レボセチリジンの方が、デキストロセチリジンよりも30倍も受容体にくっつきやすいことが分かっています。そのため、2種類の混合体であるジルテックの効果は、ほとんどレボセチリジンによるものです

ジルテックとザイザルの違い

ザイザルは、2種類のセチリジンのうちレボセチリジンのみを配合しています。

効果の高い方だけを取り出したものがザイザルなのです。

半分の量で同等の効果

ジルテックの効果のほとんどがレボセチリジンなので、ザイザルはジルテックの半分の量で同じ効果が得られます。そのため、ジルテックの用量は1日10mgであるのに対して、ザイザルの用量は半分の5mgとなっています。

 

 



 

眠気が出にくい?

もともとセチリジンは血液脳関門を通りにくく、脳に入りにくい薬です。そして、レボセチリジンは特に脳に入りにくいと言われています。つまり、ザイザルの方が眠気の副作用が出にくくなることが期待されています。しかし、インタビューフォームにはジルテックとの副作用の差があるとは明記されていません。

臨床試験での、それぞれの眠気の頻度は以下のようになっています。

・眠気の比較
ジルテック:6.0%
ザイザル:5.2%

眠気の頻度に大きな差はありませんが、比較試験のデータではないので、はっきりしたことは言えません。

 

 

まとめ

・ザイザルもジルテックも第二世代抗ヒスタミン薬に分類されるアレルギーの薬です。
・ジルテックの有効成分のセチリジンには、レボセチリジン、デキストロセチリジンの2種類があります。一般に”セチリジン”と言うときは、この2種類の混合物です。
・2種類のセチリジンのうち、より強い効果を発揮するのはレボセチリジンです。レボセチリジンだけを配合したものがザイザルです。

セチリジンを配合した市販薬には、コンタック鼻炎Z、ストナリニZなどがあります。

参考資料:ザイザルーインタビューフォーム、添付文書、

*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

よく読まれている記事

1

  コロナウイルスの感染予防には、手洗いや、手洗い後のアルコール消毒が有効です。テーブルや食器、ドアノブや便器などの消毒には次亜塩素酸ナトリウムが有効です。流行期には特に消毒をして感染を予防 ...

2

新型コロナウイルスが広がっていますが、”正しく怖れる”ことが大切と言われています。マスクの買い占めをしたりしてパニックに陥らないようにしたいですね。マスクやアルコール消毒に注意が行きがちですが、こまめ ...

3

「病院に行ったけど薬をもらうのを忘れた」 そんな経験はありますか?薬をもらい忘れて連休に入ってしまうと薬局を探すのにも一苦労です。そんな時、処方箋のネット予約が便利です。   EPARKくす ...

4

使い分けの方法は決まっていません。 整腸剤には、主に4種類の善玉菌が使われます。 それぞれの特性を生かしたさまざまな組み合わせがあります。 整腸剤は腸に善玉菌を送り込むことで腸内細菌のバランスを整える ...

5

症状に応じて使い分けましょう。 抗ヒスタミン薬 抗ヒスタミン薬の飲み薬には、たくさんの種類があります。大きく分けて2つ―第一抗ヒスタミン薬と第二世代抗ヒスタミン薬があります。 第一世代抗ヒスタミン薬 ...

6

人に聞きにくい体の悩みを抱えたことはありませんか。 このサイトでは、人に聞きにくい薬の疑問を薬剤師の視点で薬の解説をしています。 この記事では、膣カンジダの原因と薬についてまとめています。 わかりやす ...

-鼻炎・花粉症・アレルギー, アレルギー

Copyright© わかりやすい薬の解説 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.