【アレルギー】ザイザルとジルテックの違い

この記事は約5分で読めます。

どちらも抗ヒスタミン薬

ザイザルもジルテックも第二世代抗ヒスタミン薬に分類されるアレルギーの薬です。

ヒスタミンの働きを邪魔することによって、アレルギー症状を抑えます。

特に、ザイザルやジルテックなどの第二世代抗ヒスタミン薬は眠気や口のかわきなどの副作用の少ない抗ヒスタミン薬です。

 

アレルギー症状

花粉などアレルギーを引き起こすものが体に入ると、免疫細胞が反応します。

免疫細胞からは、ヒスタミンやロイコトリエンなどのアレルギー反応を引き起こす物質が出てきます。

ヒスタミンはヒスタミン受容体にくっつくことでアレルギー症状を引き起こします。

 

 

 



 

抗ヒスタミン作用

抗ヒスタミン薬は、ヒスタミン受容体にくっつきます。

椅子取りゲームのようにヒスタミンより先に受容体にくっつくことで、ヒスタミンの邪魔をします。

それによって、鼻水やくしゃみなどのアレルギー症状を抑えます。

 



 

ジルテックの中身は2種類

ジルテックの成分はセチリジンといいます。

 

ちなみに、セチリジンは市販薬にもなっていて、コンタック鼻炎Z、ストナリニZなどに配合されています。

 

実は、セチリジンには2種類があります。

この2種類は、それぞれレボセチリジン、デキストロセチリジンと呼ばれます。

 

セチリジンとは、この2種類の混合されているもののことです。

 

この二つは、鏡像異性体(エナンチオマー)と呼ばれます。

鏡像異性体を理解するには、セチリジンを立体的にイメージする必要があります。

立体的にセチリジンを見ると、鏡に写したような関係の2種類があります。

 

右手と左手のような関係

例えると、右手と左手のような関係です。

右手と左手は、“手”であることに変わりはありません。

でも、右手と左手はまったく同じものではありません。

レボセチリジン、デキストロセチリジンにも、右手と左手のような関係があります。

セチリジンであることには変わりありませんが、立体的に見ると全く同じものではありません。

ジルテックは、レボセチリジンとデキストロセチリジンが均等に混ざったものです。

 



 

レボセチリジンとデキストロセチリジンの違いは?

レボセチリジンとデキストロセチリジンには、効果の違いがあります。

特に、ヒスタミン受容体(H1受容体)に対するくっつきやすさが違います。(親和性)

レボセチリジンの方が、デキストロセチリジンよりも30倍も受容体にくっつきやすいことが分かっています。

そのため、2種類の混合体であるジルテックの効果は、ほとんどレボセチリジンによるものといえます。

 

 



 

ジルテックとザイザルの違い

上記の通り、ジルテックの効果は、ほぼレボセチリジンよるものです。

それなら、デキストロセチリジンはいらないではないか、と考えられます。

その発想のもとに開発されたのがザイザルです。

ザイザルの成分はレボセチリジンです。

ジルテックの成分のうち、効果の高い方だけを取り出したものがザイザルなのです。

半分の量で同等の効果

ザイザルの抗ヒスタミン作用はジルテックの約2倍です。

ジルテックの効果のほとんどがレボセチリジンであることを考えれば、レぼセチリジンだけのザイザルの効果が2倍なのは当然のことです。

ザイザルはジルテックの半量で同じ効果が得られます。

そのため、ジルテックの用量は1日10mgであるのに対して、ザイザルの用量は半分の5mgとなっています。

 

 



 

眠気が出にくい?

もともとセチリジンは血液脳関門を通りにくく、脳に入りにくい薬です。

そして、レボセチリジンは特に脳に入りにくいと言われています。

つまり、ザイザルの方が眠気の副作用が出にくくなることが期待されています。

 

しかし、インタビューフォームにはジルテックとの副作用の差があるとは明記されていません。

 

臨床試験での、それぞれの眠気の頻度は以下のようになっています。

・眠気の比較
ジルテック:6.0%
ザイザル:5.2%

臨床試験データを比較する限りは、眠気の頻度に大きな差はありません。

ただし、比較試験のデータではありませんので、はっきりしたことは言えません。

 

第二世代抗ヒスタミン薬は、種類が増えてきています。

ザイザルよりも眠気の出にくいものもあります。

自分に合った抗ヒスタミン薬を見つけることをおすすめします。

 



 

まとめ

・ジルテックもザイザルも第二世代抗ヒスタミン薬で、眠気などの副作用が少ない抗アレルギー薬です。

・ジルテックの成分―セチリジンは、右手と左手のような関係にあるレボセチリジンとデキストロセチリジンの混合物です。

・ジルテックの効果は、ほとんどレボセチリジンの効果です。

・ザイザルの成分はレボセチリジンであり、ジルテックの半量で同じ効果が得られます。

・ザイザルの方が眠気が出にくいと言われていますが、はっきりしたことは分かっていません。

 

参考資料:ザイザルーインタビューフォーム、添付文書、