おすすめの市販の目薬【疲れ目と目のかわき】

この記事は約3分で読めます。

目の軽い症状には、市販の目薬で対応できます。

様々な種類の目薬が市販薬になっているので、症状に合った目薬を選うことができます。

この記事では、疲れ目と目のかわきの症状に効くおすすめの目薬をご紹介します。

 

 

疲れ目

ピントを合わせる筋肉に負担がかかると、疲れ目になります。つまり、毛様体筋を酷使する事により、ピント調節機能が低下してしまうのです。例えば、パソコンやスマホのの使いすぎて、近くにピントを合わせた状態が続くと、毛様体筋が緊張した状態が続きます。

*目の疲れについて詳しくはこちらのページもご覧ください。

 

ネオスチグミン配合

ネオスチグミンはコリンエステラーゼ阻害薬に分類されます。

ネオスチグミンは、コリンエステラーゼがアセチルコリンを分解するのを邪魔することで、神経のアセチルコリンの量を増やします。

アセチルコリンは、神経伝達物質の一つで毛様体筋を収縮させる働きをしています。

ネオスチグミンによってアセチルコリンが増えて、毛様体筋が働くようになり、ピント調節機能を回復します。

 

ビタミンB12

ビタミンB12も毛様体筋の働きを活発にする作用があります。

ビタミンB12には末梢神経の修復作用などがあり、眼精疲労などを改善します。

 

 

 

ドライアイ



涙は涙腺でつくられて、目を潤しながらまばたきで広がり、涙点を通って鼻に流れていきます。涙が目の表面に十分に行き渡らなくなると目が乾燥してしまいます。その原因には、空気の乾燥、パソコンやスマホの使用、コンタクトレンズなどがあります。ドライアイの目薬には、目の表面の水分を補充する薬と、目の表面に水分を保つのを助ける薬があります。

*目のかわきについて詳しくはこちらのページもご覧ください。

 

人工涙液

目の水分を補充することで、目のかわきに効果があります。

ソフトサンティアは、防腐剤無添加のためコンタクトを装着時にも使用できます。

*人口涙液について詳しくはこちらをご覧ください。

 

コンドロイチン硫酸

コンドロイチン硫酸には、保水作用による角膜保護作用や角膜の透明性の維持、角膜修復作用などがあります。

スマイルコンタクトEX ドライテクトは、防腐剤無添加のためコンタクトを装着時にも使用できます。

 

まとめ

疲れ目と目のかわきに効く市販の目薬の選び方をご紹介しました。

市販の目薬で良くならない場合を早めに眼科を受診してください。