皮膚科系

皮膚科系

【床ずれ】褥瘡治療に使用する外用薬とドレッシング材

褥瘡は床ずれとも言われます。 主に寝たきりの方の皮膚に生じます。 褥瘡治療は、保存治療、物理療法、外科的治療によって行われます。 この記事では、保存治療に該当する、外用薬による治療、ドレッシング材による治療を取り上げます。 ...
図を見てわかる解説

【皮膚】ワキガの原因はアポクリン腺と黄色ブドウ球菌

ワキガは、専門用語では腋臭症(えきしゅうしょう)といいます。 ワキガとは、汗の成分が原因で強いにおいを発する体質、または疾患のことです。 日本人などの黄色人種ではその頻度は約10%の人がワキガといわれています。 白人や黒人...
図を見てわかる解説

【皮膚】乾癬治療薬オテズラの作用機序

オテズラ錠は乾癬の治療薬です。 効能効果は、「局所療法で効果不十分な尋常性乾癬と関節症性乾癬」となっています。 乾癬とは 乾癬は、「炎症性の皮疹やかゆみを伴う全身性の疾患」と定義されます。 体内の免疫バランス...
皮膚科系

【皮膚】乾癬の症状と治療薬

乾癬は、「炎症性の皮疹やかゆみを伴う全身性の疾患」と定義されます。 体内の免疫バランスが崩れることによって起こると考えられています。 免疫バランスの異常によって、皮膚の代謝が健康な人と比べて約10分は速くなっていることがわかって...
皮膚科系

【外用薬】掌蹠膿疱症の症状とオキサロールの作用

掌蹠膿疱症は「しょうせきのうほうしょう」と読みます。 掌蹠膿疱症は、手のひらや足のうらに、水ぶくれやウミ(嚢胞)がくり返しできる病気です。 他にも、すねや膝、肘、頭などに症状があらわれることがあります。 爪が変形したり、骨...
皮膚科系

【外用薬】ステロイドと尿素の混合

ステロイド外用薬は保湿剤などと混合することで、作用が強くなる場合と弱くなる場合があります。 保湿剤で薄めているようで、実際には作用はそれほど弱くならない場合があります。 それは、混合する軟膏の特性によって変わります。 ...
皮膚科系

【肝斑】トラネキサム酸のシミへの効果

トラネキサム酸は、シミにどのように効くのでしょうか。このサイトでは、患者さんに薬の説明をする薬剤師の視点で薬の解説をしています。普段、患者さんに説明しきないことまで、詳しく解説します。この記事では、トラネキサム酸の作用をまとめています。わか...
皮膚科系

【日やけ】紫外線で赤くなるタイプと黒くなるタイプの違い

紫外線が皮膚に当たると、皮膚の細胞のDNAに傷がつきます。 DNAは塩基と呼ばれる分子が長くつながった構造です。 紫外線によって、一部の塩基がつながらなくていい部分でつながってしまいます。 細胞には、DNAの傷つい...
市販薬/健康食品

【市販薬】ニキビにイブプロフェンが効く?

外用のイブプロフェン イブプロフェンピコノールは、消炎・鎮痛作用を有する非ステロイド系外用剤です。 イブプロフェンを外用薬に応用するために開発された薬で、抗炎症薬はイブプロフェンより強くなっています。 湿疹や帯状疱疹の炎症に効...
皮膚科系

【ニキビ】エピデュオゲルはディフェリンゲルとベピオゲルを合わせた薬

ニキビとは、皮膚に面ぽうができ、そこにアクネ菌が増殖することで炎症がおきる状態です。 面ぽうとは、皮脂が毛穴にたまった状態のことです。 分泌が多くなり、毛穴の先が詰まって、毛穴の中に皮脂がたまることで面ぽ...