鼻炎・花粉症・アレルギー

風邪薬

テオフィリンの副作用の原因とは【血中濃度を上げるもの】

テオフィリンは気管支喘息に使う薬です。気道を広げる作用と気道の炎症を抑えます。医療用ではテオ...
鼻炎・花粉症・アレルギー

エピペンとはアナフィラキシーに処方される注射薬-使い方と注意点

エピペンはアナフィラキシーに使用する注射薬です。 アナフィラキシーとは、アレルギー反応のうち、...
鼻炎・花粉症・アレルギー

アナフィラキシーショックとはー救急車が来るまでの初期対応

アナフィラキシーと、アレルギー反応が全身に出て、命の危険がある状態です。 その中でも、「血圧低...
鼻炎・花粉症・アレルギー

【基礎薬学】抗ヒスタミン作用

花粉などアレルギーを引き起こすものが体に入ると、免疫細胞が反応します。 免疫細胞からは、ヒスタ...
鼻炎・花粉症・アレルギー

【免疫】腸内細菌とアレルギーの関係

腸には免疫細胞が多く存在 腸の免疫系は腸内細菌の影響を受けやすいことが知られています。 つまり、腸内...
鼻炎・花粉症・アレルギー

【鼻炎】ステロイド点鼻薬で鼻血

全身性の副作用 ステロイド点鼻薬は副作用の少ない薬で、ほとんど全身に影響しません。 バイオア...
鼻炎・花粉症・アレルギー

【アレルギー】医師がよく処方する抗ヒスタミン薬ランキング

理想的な抗ヒスタミン薬 効果が強く、眠くなりにくい、そんな理想的な抗ヒスタミン薬は存在するのでしょう...
鼻炎・花粉症・アレルギー

抗ヒスタミン薬の強さはランキングにできない?

多くは個人的な見解 抗ヒスタミン薬の強さをランキングにしたものを見かけることがあります。 抗ヒスタ...
鼻炎・花粉症・アレルギー

抗ヒスタミン薬への食事の影響

抗ヒスタミン薬には、食後に服用すると効果が弱くなるものがあります。 ここでは、主な第二世代抗ヒスタ...
鼻炎・花粉症・アレルギー

【アレルギー】ザイザルとジルテックの違い

どちらも抗ヒスタミン薬 ザイザルもジルテックも第二世代抗ヒスタミン薬に分類されるアレルギーの薬です。...
鼻炎・花粉症・アレルギー

ルパフィンの作用と眠気の副作用

ルパフィンは、2017年に承認された比較的新しい薬として知られています。 ところが、実際には海外では...
鼻炎・花粉症・アレルギー

【鼻づまり】ディレグラの作用と副作用

ディレグラは花粉などのアレルギー症状がひどくなり、特に鼻づまりがひどい時に使用されます。 ...
鼻炎・花粉症・アレルギー

【アレルギー】花粉症にも効くセレスタミンの作用と注意点

セレスタミン配合錠は、1965年に発売された薬です。 ステロイドと抗ヒスタミン薬を配合した薬で、主...