アレルギー

アレルギー

【アレルギー】エピペンはアナフィラキシーの第一選択薬

アナフィラキシーは、「アレルゲンの侵入により、複数臓器に全身性にアレルギー症状が惹起され、生命に危機を与え得る過敏反応」と定義されます。 アレルギー反応のうち、全身に症状が出て、命の危険があるもののことです。 皮膚の発疹、唇や下...
薬の基礎知識

【基礎薬学】アナフィラキシーの初期対応

アナフィラキシーの定義は以下の通りです。 「アレルゲンの侵入により、複数臓器に全身性にアレルギー症状が惹起され、生命に危機を与え得る過敏反応」 アレルギー反応のうち、全身に症状が出て、命の危険があるもののことです。 ...
アレルギー

【アレルギー】授乳中に使用できるアレルギー薬

授乳中もアレルギーの薬を服用したいということがあります。 授乳中も安全に使用できると考えられれているアレルギーの薬があります。 点眼薬・点鼻薬 アレルギーに使用される点眼薬や点鼻薬には、抗ヒスタミン薬、ステロイド薬、ケミカルメディエー...
アレルギー

【鼻炎】ステロイド点鼻薬で鼻血

全身性の副作用 ステロイド点鼻薬は副作用の少ない薬で、ほとんど全身に影響しません。 バイオアベイラビリティは0.2%となっていて、血液中にほとんど入ることがありません。そのため、全身性の副作用はほとんど起こりません。 ...
市販薬/健康食品

【アレルギー】医師がよく処方する抗ヒスタミン薬ランキング

理想的な抗ヒスタミン薬 効果が強く、眠くなりにくい、そんな理想的な抗ヒスタミン薬は存在するのでしょうか? 抗ヒスタミン薬の中で、一番”強くて”、一番眠くなりにくい薬はどれなのか、誰もが知りたいところです。 ところが、抗ヒスタミン薬の...
アレルギー

抗ヒスタミン薬の強さはランキングにできない?

多くは個人的な見解 抗ヒスタミン薬の強さをランキングにしたものを見かけることがあります。 抗ヒスタミン薬の効き目と眠気が図に示されています。 その図を見ると、一目瞭然で抗ヒスタミン薬を比較できます。 「よく効くけど眠気が出やすい」 ...
アレルギー

抗ヒスタミン薬への食事の影響

抗ヒスタミン薬には、食後に服用すると効果が弱くなるものがあります。 ここでは、主な第二世代抗ヒスタミン薬について、食事の影響をまとめます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || [])....
図を見てわかる解説

【アレルギー】ザイザルとジルテックの違い

どちらも抗ヒスタミン薬 ザイザルもジルテックも第二世代抗ヒスタミン薬に分類されるアレルギーの薬です。 ヒスタミンの働きを邪魔することによって、アレルギー症状を抑えます。 特に、ザイザルやジルテックなどの第二世代抗ヒスタミン薬は眠気や口の...
アレルギー

ルパフィンの作用と眠気の副作用

ルパフィンは、2017年に承認された比較的新しい薬として知られています。 ところが、実際には海外では2001年から使用されている薬です。 特徴は抗ヒスタミン作用と抗PAF作用を持っているという点です。 (adsbyg...
アレルギー

【鼻づまり】ディレグラの作用と副作用

ディレグラは花粉などのアレルギー症状がひどくなり、特に鼻づまりがひどい時に使用されます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ディレグラの成分 ...