鼻炎・花粉症・アレルギー

コスパがいい花粉症市販薬は?【薬剤師が種類ごとに解説します】

2020/3/25  

症状に応じて使い分けましょう。 抗ヒスタミン薬 抗ヒスタミン薬の飲み薬には、たくさんの種類があります。大きく分けて2つ―第一抗ヒスタミン薬と第二世代抗ヒスタミン薬があります。 第一世代抗ヒスタミン薬 ...

ゾレアは花粉症を改善する【抗体医薬です】【使えるのは重症者のみ】

2020/3/6  

ゾレアは花粉症に使えるようになった抗体医薬です。2009年に喘息治療薬として承認されましたが、2017年には突発性慢性蕁麻疹、2019年12月には季節性アレルギー性鼻炎の適応が加えられました。 ・ゾレ ...

テオフィリンの副作用の原因とは【血中濃度を上げるもの】

2020/1/3  

テオフィリンは気管支喘息に使う薬です。気道を広げる作用と気道の炎症を抑えます。医療用ではテオドールやユニフィル、市販薬ではミルコデAなどの成分です。   テオフィリンは気管支を広げ、炎症を抑 ...

エピペンとはアナフィラキシーに処方される注射薬-使い方と注意点

エピペンはアナフィラキシーに使用する注射薬です。 アナフィラキシーとは、アレルギー反応のうち、全身に症状が出て、命の危険があるもののことです。 エピペンは使える人は、アナフィラキシーの危険があると医師 ...

アナフィラキシーショックとはー救急車が来るまでの初期対応

アナフィラキシーと、アレルギー反応が全身に出て、命の危険がある状態です。 その中でも、「血圧低下や意識障害を伴う場合」のことをアナフィラキシーショックといいます。 この記事では、アナフィラキシーショッ ...

【基礎薬学】抗ヒスタミン作用

2020/3/2  

花粉などアレルギーを引き起こすものが体に入ると、免疫細胞が反応します。 免疫細胞からは、ヒスタミンやロイコトリエンなどのアレルギー反応を引き起こす物質が出てきます。 ヒスタミンはヒスタミン受容体にくっ ...

no image

【免疫】腸内細菌とアレルギーの関係

2020/3/7    , ,

腸には免疫細胞が多く存在 腸の免疫系は腸内細菌の影響を受けやすいことが知られています。 つまり、腸内細菌のバランスが腸の免疫系にとても重要だということです。   腸の免疫系は複雑な免疫ネット ...

【鼻炎】ステロイド点鼻薬で鼻血

全身性の副作用 ステロイド点鼻薬は副作用の少ない薬で、ほとんど全身に影響しません。 バイオアベイラビリティは0.2%となっていて、血液中にほとんど入ることがありません。そのため、全身性の副作用はほとん ...

【アレルギー】医師がよく処方する抗ヒスタミン薬ランキング

2020/5/10  

理想的な抗ヒスタミン薬 効果が強く、眠くなりにくい、そんな理想的な抗ヒスタミン薬は存在するのでしょうか? 抗ヒスタミン薬の中で、一番”強くて”、一番眠くなりにくい薬はどれなのか、誰もが知りたいところで ...

抗ヒスタミン薬の強さはランキングにできない?

 

多くは個人的な見解 抗ヒスタミン薬の強さをランキングにしたものを見かけることがあります。 抗ヒスタミン薬の効き目と眠気が図に示されています。 その図を見ると、一目瞭然で抗ヒスタミン薬を比較できます。 ...

抗ヒスタミン薬への食事の影響

 

抗ヒスタミン薬には、食後に服用すると効果が弱くなるものがあります。 ここでは、主な第二世代抗ヒスタミン薬について、食事の影響をまとめます。 ビラノア ビラノアは食後に服用すると、効果が大幅に弱くなりま ...

Copyright© わかりやすい薬の解説 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.